Esg 情報 開示 研究 会。 一般社団法人ESG情報開示研究会

花王

本研究会発足時の参画企業(50音順) 味の素株式会社、アセットマネジメントOne株式会社、EY Japan、花王株式会社、KDDI株式会社、KPMGジャパン、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社、ゴールドマン・サックス証券株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、SOMPOホールディングス株式会社、武田薬品工業株式会社、有限責任監査法人トーマツ、東京電力ホールディングス株式会社、日本生命保険相互会社、PwC Japanグループ、株式会社日立製作所、株式会社みずほフィナンシャルグループ、三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 近年、資本市場において、環境・社会・ガバナンス(ESG/Environment、Social、Governance)の観点で投資判断評価を行うESG投資が活発化しており、また、企業ではESGに関する情報開示や機関投資家をはじめとするステークホルダーとのエンゲージメントを効果的かつ効率的に行うことが課題となっています。 そのなかで開発された「LTVフレームワーク」などのアプローチや保有する多くの知見が本研究会の活動に資するものとして積極的に参画することとなったものです。 そのなかで開発された「LTVフレームワーク」などのアプローチや保有する多くの知見が本研究会の活動に資するものとして積極的に参画することとなったものです。 研究活動の期間は2年間を予定しており、研究成果はホワイトペーパーとしてまとめ、国内外の企業・機関投資家などに広く活用してもらうために公表します。 デロイト トーマツ グループのESGに関する取り組み デロイト トーマツ グループは、ESGに関わる企業の戦略策定から、実行、第三者保証までの幅広い領域において助言および支援サービスを提供しています。 その観点から、以下のような役割を期待しています。

もっと

民間企業19社で構成する「ESG情報開示研究会」の発足と参画について|EY Japan

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社• 研究期間中は、研究成果を紹介するイベントや情報発信を積極的に実施するとともに、参加者も随時募っていきます。 本研究会の代表理事には、青山学院大学名誉教授・東京都立大学特任教授 北川 哲雄氏が就任し、研究を監修する座長を兼務します。 comへようこそ 本ウェブサイトをご利用いただく上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性およびEYのサービス向上のために次の種類のクッキーを使用しています。 任意のクッキーを使用しない. 詳細は をご覧ください。 花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2020年6月に発足予定の一般社団法人ESG情報開示研究会(以下、本研究会)に参画することを決定しました。

もっと

一般社団法人ESG情報開示研究会

ESG課題への取り組みや投資先企業との建設的な目的を持った対話を積極的に推進し、豊かで持続的な社会の形成に貢献することで、お客さまの中長期的な投資リターンの最大化を図るよう努めてまいります。 法人番号指定日 法人名 郵便番号 住所 法人種別 2015年10月5日 1010047 東京都千代田区内神田1丁目15番2号 その他の設立登記法人 2015年10月5日 1020071 東京都千代田区富士見2丁目6番9号 株式会社 2015年10月5日 1010051 東京都千代田区神田神保町3丁目10番地10大行ビル5階 株式会社 2015年10月5日 1010065 東京都千代田区西神田1丁目3番7号 株式会社 2015年10月5日 1000005 東京都千代田区丸の内1丁目15番1号パシフィックセンチュリープレイス丸の内8階104号室 株式会社 2015年10月5日 1010051 東京都千代田区神田神保町1丁目46番地2-1401号 株式会社 2015年10月5日 1010021 東京都千代田区外神田1丁目11番6号小暮ビル4階 株式会社 2016年10月25日 1010051 東京都千代田区神田神保町1丁目11番地さくら綜合事務所内 その他の設立登記法人 2015年10月5日 1010041 東京都千代田区神田須田町1丁目34番6号 株式会社 2015年10月5日 1010025 東京都千代田区神田佐久間町1丁目14番 有限会社 注目の新設法人情報 注目の法人情報です。 2019年3月にはESGステートメントを公表しました。 デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。

もっと

ニュースリリース:2020年6月11日:日立

2019年12月に創立60周年を迎えました。 今回のガイダンスは、企業が伝えるべき情報の全体像を示すものであり、それぞれの開示要請や対話の場面に応じて有効活用されることが期待されます。 戦略(競争優位を支える経営資源や無形資産等を維持・強化し、事業ポートフォリオを最適化する方策等)• そのため必要な情報の取捨選択に時間と労力をかける必要があり、多くの企業が活用に苦慮しています。

もっと

民間企業19社で構成する「ESG情報開示研究会」の発足と参画について

ESG情報の収集・構造化・特徴抽出をTISが、モデル構築をTUSIMが担い、分析結果の検証をSMTAMが担当します 本共同研究の概要参照。 ただ、日本企業は、ESG評価が高い企業ほど財務パフォーマンスが低くなるという結果が出ています。 (参考)スチュワードシップ・コード改訂 本日、「スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」により、改訂版のスチュワードシップ・コードが取りまとめられました。 ビジネスモデル(事業を通じて顧客・社会に価値を提供し、持続的な企業価値につなげる仕組み)• EY Japanは、かねてよりGlobalにおいても、統合報告書やESG投資、SDGsの経営戦略への組み込みなど、企業の株主価値からステークホルダー価値重視への移行や変革といった企業の長期的価値(Long-term Value、LTV)の推進に取り組んでいます。 研究期間中は、研究成果を紹介するイベントや情報発信を積極的に実施するとともに、参加者も随時募っていきます。 本研究会は、企業とステークホルダーの相互理解を深め、ESGに取り組む企業のさらなる企業価値の向上に貢献することをねらいとしています。 味の素株式会社• 本件の概要 経済産業省は、2016年8月より、「持続的成長に向けた長期投資(ESG・無形資産投資)研究会」を開催し、企業が中長期的な企業価値を高めるための戦略的な投資のあり方、投資家が長期的な視野から企業を評価する方法、そして企業の情報開示や投資家との対話のあり方について検討を行ってきました。

もっと

開示と説明力の強化を

花王株式会社• 投資家が企業価値を評価する上でも、企業の経営戦略やビジネスモデル、リスクへの対応等の非財務情報が重要になっています。 このような課題認識の下、経済産業省が2016年8月に設立した「持続的成長に向けた長期投資(ESG・無形資産投資)研究会」では、企業の情報開示や投資家との対話の質を高めるための枠組み(共通言語)の必要性が提起され、研究会の提言の一つとして「ガイダンス」原案が策定されました。 また、実務に活用可能な実践的なフレームワークの作成をめざし、机上での検討に留まらず、実際の情報開示業務に沿った実証まで行うことを予定しております。 本研究会は、ESG情報開示を行う企業だけでなく、国内外の機関投資家や監査法人・会計事務所グループのプロフェッショナルなどさまざまなステークホルダーが参加することで、ESG情報開示のあり方を多様な視点から検討します。 また、実務に活用可能な実践的なフレームワークの作成をめざし、机上の検討に留まらず、実際の情報開示業務に沿った実証まで行うことを予定しております。

もっと

TIS、ESG情報の活用に関する共同研究を東京理科大学インベストメント・マネジメント、三井住友トラスト・アセットマネジメントと実施|TISインテックグループのプレスリリース

個人投資家から国内外の機関投資家・金融機関等幅広いお客様に、多様な資産運用商品とサービスを提供しています。 KDDI株式会社• 日本企業のESG経営は始まったばかりで、Jカーブ効果の初期段階に位置しているのかもしれません。 TISは、財務情報だけでなくESG情報をはじめとした非財務情報を含めたデータ基盤に基づく金融サービスを提供するための取り組みの一環として、本共同研究に参画しています。 3年間というタイムスケジュールで目標を設定して対話に臨みます。

もっと