ボスニア 内戦。 ユーゴスラビア紛争をわかりやすくまとめる!原因は何だったのか?

ボスニア内戦

2008年には独立を宣言。 特にクロアチア人の民族主義者たちは、民族分離制の変革に抵抗した。 ボスニアの教育分野を監視する欧州安保協力機構 OSCE は最近、「民族的指向に根差したカリキュラム」は和解を妨げ、民族間の分離を永続させて「経済開発を抑えて長期的な安定と安全を危険にする」と警告、分離教育システムを放棄するよう促した。 (2005年) 監督• [ ] スレブレニツァの虐殺 [ ] 詳細は「」を参照 、ムラディッチ大将率いるスルプスカ共和国軍部隊(セルビア人勢力)は、指定のであったに侵攻をはじめ、には中心部を制圧した。 『』2009年6月8日朝刊. 多民族あるいは国立の学校はクロアチア人の自治地域を得る上で障害になる、というのが大きな理由だ。

もっと

【AFP記者コラム】「レイプキャンプ」の衝撃、南スーダン内戦 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News

従軍可能年齢にある男性は各地で虐殺や強制収容の対象とされた。 そして、銃やロケットランチャーで365日24時間狙われました。

もっと

ボスニア王国/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

「私たちは実生活ではなく、書面上で分断されているだけだ」と彼女は断言した。 まとめ ユーゴスラビア内戦とは、『 人工国家であるユーゴスラビアが分裂する際の内戦であり、凄惨さを特徴』としました。 遠いバルカン半島の出来事に、日本はもとよりアメリカですら関心が薄かった悲劇。 また、最初は協力しあってきたボスニア人とクロアチア人も敵対し初めたことで、状況は泥沼化していきます。 [参考記事] ユーゴスラビア紛争は当初、過激な民族主義(大セルビア主義)を唱えるセルビアに対してスロベニアやクロアチアが民族自決を要求し、その後は(セルビア人主体の)旧ユーゴスラビア政府に抵抗するボスニアやコソボのムスリムが「民族浄化」の犠牲になった、という「わかりやすい物語」が欧米メディアで大々的に報じられた。 何人かの若い政治家は、制度を放棄するよう呼びかけている。 95年にNATOなどの介入で和平が成立した。

もっと

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

1993年春、ボシュニャク人勢力とクロアチア人勢力の間での対立が深まり、クロアチア人勢力は同年8月にの樹立を宣言した。 ボスニア政府は、10の項目のうち2つを保留。

もっと

ユーゴスラビア内戦

サライェボ事件です。 こんにちは!ボスニア・ヘルツェゴビナの首都・サラエボに滞在中、世界半周中ののぶよ です。 さらに秋ごろからは、アメリカによるボシュニャク人・クロアチア人勢力に対する軍事援助も開始された。 柴宜弘『図説 バルカンの歴史』、2015年、新装版。

もっと

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】サラエボに残る紛争の歴史を学ぶ

オスマン帝国時代は、土着のスラブ系封建領主階層がイスラームに改宗し、トルコ系の官僚とともに地主・行政エリート層を形成していた。 このユーゴスラヴィアの中心勢力となるのはセルビアです。

もっと