愛知 県 後期 高齢 者 医療 広域 連合。 愛知県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例

愛知県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例

となった場合をいうものであること。 愛知県の全市町村が加入する「愛知県後期高齢者医療広域連合」が後期高齢者医療制度を運営する主体(保険者)となり、保険料の決定、医療の給付、保険証の発行などを行います。

もっと

後期高齢者医療制度|豊田市

上記の疾病にかかっていることを明らかにする医師の意見書、または後期高齢者医療加入前の健康保険で発行された特定疾病療養受療証 (医師の意見書書式は福祉部福祉医療課、旭・足助・稲武・小原・下山・藤岡支所にあります。

もっと

後期高齢者医療制度|豊田市

ページID 1001963 更新日 令和2年5月8日 制度の概要 後期高齢者医療制度は75歳以上の人、65歳以上74歳以下の一定の障がいを持った人を対象とする医療保険制度です。 また転出や死亡等により被保険者でなくなった場合には、4月 もしくは被保険者となった月 から被保険者でなくなった月の前月末日までの保険料を月割りで再計算し、通知します。 10月• ただし、健康保険法第40条第1項に規定する標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額の30分の1に相当する金額 その額に、5円未満の端数があるときはこれを切り捨て、5円以上10円未満の端数があるときはこれを10円に切り上げるものとする。 ) ・亡くなった人の保険証 ・喪主の方の印鑑(朱肉を使う認印) ・振込先の口座番号や口座名義人等が確認できるもの(預貯金通帳等) ・会葬礼状など葬祭を行った人(喪主)がわかるもの 協定保養所利用助成事業 被保険者が次の協定保養所に宿泊した場合、1泊につき1,000円(4月1日から翌年3月31日までの期間に全保養所あわせて4泊まで)を助成します。

もっと

高知県後期高齢者医療広域連合 : 制度の概要

限度額を超えて支払った療養費は、自己負担限度額を超えた額を高額療養費として広域連合より支給されます。 75歳の誕生日当日• 負担金額判定基準 被保険者の属する世帯の世帯員全員が市町村民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除 公的年金の所得は控除額を 80万円として計算 を差し引いたときに0円となる方 ただし、3割負担と判定された方でも次に該当する場合は、申請により翌月から1割負担となります。 1 この保険料試算は、一般的な概算であり、個人の具体的な保険料額とは異なる場合があります。 血友病• 世帯に後期高齢者医療被保険者が1人の場合:収入額が383万円未満• 個人番号(マイナンバー)の確認ができるもの(個人番号カード、通知カード)• 現在における被保険者、その属する世帯の世帯主及びその属する世帯の他の世帯員である被保険者につき算定した地方税法第314条の2第1項に規定する総所得金額及び山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得 令第18条第4項第1号に規定する他の所得と区分して計算される所得をいう。 年度途中で後期高齢者医療制度に加入した人の加入年度の納付• (任意加入となりますので、障がい認定の撤回も可能です。

もっと

後期高齢者医療広域連合

天引き対象年金額が年額18万円未満の人• 岐阜県後期高齢者医療広域連合例規集目次 第1編 総規 岐阜県指令市町村第1263号 平成19年2月1日 条例第1号 平成19年2月1日 条例第2号 平成19年2月1日 第2編 議会・選挙・監査 第1章 議会 条例第25号 平成19年3月28日 規則第19号 平成19年3月28日 議会規則第1号 平成19年3月28日 議会規則第2号 平成19年3月28日 議会訓令第2号 平成19年3月28日 議会訓令第3号 平成19年3月28日 議会訓令第4号 平成19年3月28日 第2章 選挙 規則第1号 平成19年2月1日 選管告示第1号 平成19年5月11日 選管訓令第1号 平成19年5月11日 選管訓令第2号 平成19年5月11日 選管訓令第3号 平成19年5月11日 第3章 監査 条例第3号 平成19年2月1日 監査訓令第1号 平成19年3月29日 監査訓令第2号 平成19年3月29日 監査訓令第3号 平成19年3月29日 第3編 組織・処務 第1章 組織 条例第4号 平成19年2月1日 規則第20号 平成19年3月28日 第2章 処務 規則第3号 平成19年2月1日 議会告示第2号 平成19年3月28日 訓令第1号 平成19年2月1日 訓令第2号 平成19年2月1日 規則第5号 平成19年2月1日 第3章 情報公開等 条例第5号 平成19年2月1日 規則第6号 平成19年2月1日 規則第7号 平成19年2月1日 条例第6号 平成19年2月1日 規則第8号 平成19年2月1日 規則第9号 平成19年2月1日 条例第7号 平成19年2月1日 規則第10号 平成19年2月1日 条例第1号 平成28年2月16日 第4章 公平委員会 条例第8号 平成19年2月1日 公委規則第1号 平成19年4月6日 公委規則第2号 平成19年4月6日 公委規則第3号 平成19年4月6日 公委規則第4号 平成19年4月6日 第4編 人事 第1章 定数・任用 条例第26号 平成19年3月28日 条例第9号 平成19年2月1日 規則第1号 令和2年1月27日 第2章 分限・懲戒 条例第10号 平成19年2月1日 条例第11号 平成19年2月1日 規則第4号 令和2年3月23日 規則第4号 令和2年3月23日 第3章 服務 条例第12号 平成19年2月1日 条例第13号 平成19年2月1日 規則第11号 平成19年2月1日 条例第14号 平成19年2月1日 規則第12号 平成19年2月1日 条例第6号 令和元年12月13日 規則第5号 令和元年12月13日 条例第15号 平成19年2月1日 規則第13号 平成19年2月1日 訓令第9号 平成19年11月1日 訓令第3号 令和元年12月13日 訓令第2号 令和2年3月23日 第4章 職員・厚生 条例第16号 平成19年2月1日 規則第14号 平成19年2月1日 第5編 給与 第1章 報酬・費用弁済 条例第17号 平成19年2月1日 条例第18号 平成19年2月1日 条例第19号 平成19年2月1日 条例第2号 令和2年2月18日 第2章 諸手当等 条例第20号 平成19年2月1日 規則第15号 平成19年2月1日 条例第5号 令和元年12月13日 規則第4号 令和元年12月13日 第3章 旅費 条例第21号 平成19年2月1日 規則第16号 平成19年2月1日 第6編 財務 第1章 予算 ・ 会計 規則第17号 平成19年2月1日 規則第6号 平成20年7月30日 告示第2号 平成19年2月1日 条例第22号 平成19年2月1日 規則第18号 平成19年2月1日 第2章 契約 ・ 財産 条例第23号 平成19年2月1日 条例第24号 平成19年2月1日 条例第31号 平成19年8月30日 条例第1号 平成20年2月20日 条例第2号 平成28年2月16日 規則第1号 平成28年2月16日 第7編 後期高齢者医療 第1章 後期高齢者医療 条例第32号 平成19年11月16日 規則第4号 平成20年3月25日. なお、窓口業務 各種申請の受付、被保険者証の引渡しなど および保険料の徴収業務については、本市が行います。 賦課年度途中で保険料の減額があった場合や年金の支払調整、差し止め等があった場合についても、特別徴収を停止し、普通徴収に変更することがあります。 (65歳以上75歳未満の一定以上の障害がある方で、申請を行い広域連合で認定を受けられた方を含みます。 ただし、被保険者の所得の分布状況その他の事情に照らし、、及びからまでの規定に基づき当該被保険者に係る保険料の賦課額を算定するものとしたならば、当該賦課額が、に規定する賦課限度額を上回ることが確実であると見込まれる場合には、高齢者の医療の確保に関する法律施行規則 平成19年厚生労働省令第129号。

もっと

愛知県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例

(手続は不要です。 「精神障害者保健福祉手帳」1・2級の方。 については2015年1月1日より施行) 一部負担割合:3割 基準収入額適用申請 前年(前年1月から12月)の収入の合計額が以下の場合は、申請されますと、負担割合を「1割」に変更できます。

もっと

安城市/後期高齢者医療制度

限度額適用認定証 対象者 被保険者の属する世帯に、市町村民税課税所得145万円以上690万円未満の被保険者がいる方(適用区分が現役並み所得II・Iに該当する方) 適用区分について、詳しくは、以下のリンク先「適用区分について」をご参照ください。 もお読みください。 各種申請や届け出の受付• 該当する方は、申請により「特定疾病療養受療証」が交付されます。 以下「令」という。 基本的な役割分担は以下のとおりです。

もっと

後期高齢者医療制度|春日井市公式ホームページ

64% [均等割額の軽減] 総所得金額等が一定の基準に該当する世帯に属する被保険者については、その総所得金額等に応じて均等割額を、次のとおり軽減します。

もっと