誉れ 意味。 【誉れ高い】の例文集・使い方辞典

誉れの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

そこで博物学者を諦めていたシートンに再び博物学者を志すきっかけとなる出来事があった。 青色は「藍」からとると、「藍」よりも青くなる。 一般的な小説、戯曲、詩集、短編小説、随筆などで、最近4年間の間に最初に出版されたものか、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語で最近2年以内に書かれた作品に資格がある。 この賞は、北欧の作家が獲得できる賞のなかでも最も誉れ高いもののひとつである。 「出藍」は「青は藍より出でて藍より青し」という故事のことで、元になったものよりそこから生じたもののほうが優れていることを指しています。 「出藍の誉れ」は、 中国戦国時代の「 荀子(じゅんし)」の言葉が元となっています。 しかし「出藍の誉れ」は、師匠が弟子の成果を誇りに感じた時や、師匠のレベルを超えた時に、その功績を称える意味で使われます。

もっと

【慣用句】「出藍の誉れ」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

わたしの絵が展覧会に飾られたが、みんなそこで足を止め賞賛の言葉を残し、 出藍の誉れをあげた。

もっと

誉れ(ほまれ)の類語・言い換え

honorは名詞の場合名誉や名声、高潔などの意味です。 干・越・夷・貉の子、生まれて声を同じくし、長じて俗を異にするは、教へ之をして然らしむるなり。 一般的なケースを考えれば、 切腹するということは、要するに不手際をやらかしたら、 あるいは罰せられるに足る何かを犯したという事です。 英語版攻略wiki• ついに空手の全国大会で優勝した。 この記事によって、 「出藍の誉れ」の正しい意味を理解して頂ければと思います。

もっと

出藍の誉れの意味とは?類語や例文を紹介!故事の語源/あらすじも調査!

… セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』 より引用• … ヴェルヌ/木村庄三郎訳『80日間世界一周』 より引用• 名前に使う場合は、その他「ほまる」「たか」「しげ」「のり」「ほむ」「もと」「やす」「よし」などの名のりでも立派に使われています。 曰く、志村が考える誉れは「民の模範」になることです。 キャラクター• 表情はあくまでおだやかだが、ご双眼には不敬を許さぬ厳しさがあった。 もちろん、史実を見れば武家社会はこれ以降長らく続いていくことになりますが。 日本では、弟子が師匠の元で修行をする文化が、多くの分野であります。 大名などにもなれば、切腹にもそれなりの格式が認められており、 その意味で「その日のうちに庭先で、お腹を召したとは!」と、 播州赤穂の家臣たちが泣き崩れるシーンがドラマで出てきますが、 刃傷事件当日に、田村邸の庭先で切腹させられた浅野内匠など、 かなり激しい将軍の怒りを買っていたという事が分ります。 この草から採取した青色はとても鮮やかで、 布などにつけると原料の藍よりもずっと青くて美しくなりました。

もっと

誉れ(ほまれ)の類語・言い換え

それが、作中最後でも語られたように、 民が武士に反するようになるのでは、また、仁も背中を刺されるのでは、と伝えている場面です。 体面や名誉を傷つけたり、それに対して辱めることを意味し、自分自身が「恥ずかしい」「恥である」と感じることがらを表します。 先王の遺言を聞かざれば、学問の大なるを知らざるなり。 収入または主要な項目を認めている会計項目 の意• とんでもないことが起きた といったイメージです。 切腹は「武士として自ら責任をとる」という行為です。 木の直きは縄に中たるも、輮めて以つて輪と為せば、其の曲規に中たる。 サブクエスト 浮世草• この場合はつまり、 「教えている先生のレベルを超えて、生徒が芥川賞を受賞した」 ということですね。

もっと

誉れの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

出藍の誉れ しゅつらんのほまれ : 弟子の能力が、師匠を超えて優れていること 「出藍の誉れ」の意味を詳しく 「出藍の誉れ」とは、 弟子の能力が、師匠を超えて優れていることを表す故事成語です。 そもそも、「藍」は、青色の染め物に使う染料の草のことです。 深い谷を見下ろさなければ、大地の厚さがわからないのである。 」 木直中縄、輮以為輪、其曲中規。 ヘンリー王は武勇の誉れ高いばかりでなく、気前のよさでも名高かった。 考えてみたまえ。 これは、努力を続けていれば、指導してくれる先生よりもすぐれた結果を出せるということだ、と解釈されています。

もっと

【慣用句】「出藍の誉れ」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

現在ではこの意味から派生し、 「弟子が師匠よりもすぐれている」 という意味で使うのが一般的です。 その国にあこがれて彼は故国フランスに別れをつげ、一旗あげるつもりでイギリスへやってきた。 The scholar may waur the master. 「出藍の誉れ」は、かっこいいと思われることがある一方で、恨みや妬みの先になることもしばしばあります。 破之段:本城奪還• 故木受縄則直、金就礪則利。 トロフィー• 「出藍の誉れ」は、元の故事の由来になかった意味合いが後世に加えられ、本来の意味をしのぐようになった言葉です。 師に遠く及ばない未熟な私が「出藍の誉れ」と称されることに、大きな戸惑いを感じます。

もっと

出藍の誉れの意味とは?例文や由来・読み方を解説

そのため彼らの子供は堂々とできましたし、諸藩がこぞって召し抱えたそうです。

もっと

出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ) とは

イギリスはメソディスト教徒の国、冷静沈着な紳士の国として誉れ高い。 まさに、 出連の誉れだよ。

もっと