E tax 添付 書類。 所得税及び復興特別所得税の準確定申告のe

【確定申告】e

セルフメディケーション税制の明細書• 事前に用意する必要はありません。 残念! では、また! 【関連記事】. 個人の外国税額控除に係る証明書• 手続きを完了させるためには、必要書類を税務署に提出する必要がありますが、その提出方法にはいくつかの種類があります。 事前準備が必要 e-taxを利用する前にいくつか準備をしなければなりません。 なお、税務署にも用意しています。 ただし、法定申告期限から5年間は、保存しておく必要があります。

もっと

申告書に添付・提示する書類|国税庁

の証明書• 住宅耐震改修特別控除の証明書など• 以下同じ)が不要となりました。 特定口座年間取引報告書• これによって、節税効果が得られるため、経済的なメリットも大きくなります。 つまり窓口や郵送で申告する場合と比べて、e-Taxを利用すれば10万円分多く控除を受けることができます。 イメージデータで提出可能な添付書類かどうかを確認提出可能な添付書類かどうかを確認する必要があります。 注5 平成23年分以後の所得税について適用となります。 添付書類の扱いについて 電子申告における添付書類の扱いは、一部のレアケースを除けば、以下の2パターンに分けられます。 申告期間内なら24時間いつでも確定申告書類を作成・提出することができます。

もっと

e

税務署の窓口に提出する 税務署に出向き、直接窓口に確定申告の書類を提出します。 なお、入力内容を確認するため、必要があるときは、 原則として法定申告期限から 5年間、税務署等からこれらの書類の提示又は提出を求められることがあります。 公的年金等の源泉徴収票• そのため確定申告書類を作成する時間が休日しかない・夜間しかないという方でも安心して確定申告を行うことができます。

もっと

e

生命保険料控除の証明書• 認定NPO法人寄附金特別控除の証明書(注5)• 通知を開くと「送付書表示」ボタンがありますので、クリックし、「申告書等送信票 兼送付書 」を表示させて印刷の上、必要事項を記載し、添付書類とともに提出してください。 確定申告をe-taxで行うメリットは? e-taxとは、確定申告など国税にかかる申請・納税に使用するオンラインサービスです。

もっと

〔平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書A用)〕申告書に添付・提示する書類|国税庁

この場合は、電子申告で提出したわけではないので、書類は添付(書類によっては提示も可)しなくてはいけなくなります。 とはいえ、PDFで送信する方法だけでなく、従来どおり書面で提出する方法も認められています。 該当する書類は、必ず書面で提出をしなくてはいけません(印紙税過誤納確認申請の添付書類など)。 特に準備が必要なのばマイナンバーカードを持っていない方です。 特定増改築等住宅借入金等特別控除(省エネ改修工事等)に係る借入金の年末残高証明書(適用2年目以降のもの)• 添付する必要がなくても、ご自宅でしっかりと保管しておきましょう。 小規模企業共済等掛金控除の証明書• セルフメディケーション税制の明細書• 添付書類とは、各種控除を受けるために求められる証明書などのことです。

もっと

〔平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書A用)〕申告書に添付・提示する書類|国税庁

ただし、e-Taxを利用したり、電子帳簿保存を行ったりして青色申告を行うと、青色申告特別控除として、引き続き最大65万円の控除が受けられます。

もっと