コロナ 中国 が 作っ た。 なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

百田尚樹氏が指摘 新型コロナ“中国製造説”のもう一つの不安

一つは経済における中国の台頭、一つは大統領選挙、一つは新型コロナウイルスである。 その主張はかなり独特なので、いくつか例示しておこう。 MERS(致死率30%),SARS(致死率10%)のように毒性の強いもの もありますが、残りの4種類は一般の風邪のウイルスです。 新聞記者を28年やってフリーランスのジャーナリストになって8年。

もっと

コロナ騒ぎの仕掛け人は、中国とロスチャ。狙いは、アメリカ経済の崩壊(るいネット)

海外からの入国者の感染例が見つかるのは今や日常茶飯事だが、入国者全員に検査と隔離を義務付けるなど水際作戦が機能している。 だが病院の混乱は欧州や米国など世界中で起き、今も続いている。 米軍の顧問を務めた専門家も「人工ウイルス」と FOXニュースに対し「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。 WHOで危機対応を統括するライアン氏は27日、スイスのジュネーブで開いた定例の記者会見で、中国メディアの記者からウイルスの発生源が中国以外の可能性もあるのか問われたのに対し、「中国が発生源ではないというのは非常に不確かな推測だ」と述べ、WHOとして今もウイルスの発生源は中国国内とみていることを明らかにしました。 中国の米国に対する長期的軍事戦略は、大幅な細菌兵器の使用です。

もっと

米国民3割、コロナ「人が作った」 ビル・ゲイツ説まで [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

しかし、このような今まで報告されている人工合成技術は、基本的にいままで存在するウイルスを作ることを目的として、その設計図を描くような作業だ。 西側諸国の分断を煽るような言説の出どころはロシアの情報工作、というケースが昨今増えているが、チョスドフスキー氏らグローバル・リサーチの一派はその拡散に少なからず関与している。 「耐えて忍ぶ」儒教の国 最後に「なぜ終息できたのか」で見落としてならないのは「国民の協力」である。 中国軍の生物兵器プログラムに直接関わっていたとされる科学研究所には以下がある。 今回は、そうしたいわくつきのウェブメディアに中国政府が「乗っかった」形だ。

もっと

WHO 「新型コロナウイルスの発生源は今も中国とみている」

イランのマスメ・エブテカール副大統領とイラジ・ハリルチ保健次官が既にウイルスに感染している。 いやいや、わざとでしょ。 中国の地方は大きい。 NMLの科学者たちは、これほど致死率の高いウイルスならば生物兵器となる可能性が十分にあると述べた。

もっと

新型コロナウイルスは中国が作った!?新型コロナ米中戦争の可能性。

連日来ていたので警戒されていました。 筆者はその原因には下記があると考えている。 メディアの報道も、その言葉で中国政治を語ることが多い。 コロナ禍でも所得は増加しているので、早晩、モノの消費に移行する。

もっと