秋道 チョウ チョウ。 【ナルト最終回・結婚♪】 秋道チョウジ、カルイ → 秋道チョウチョウ (b゚ェ゚o)

秋道チョウチョウはカロリーコントロールで痩せたら可愛い【画像】

両頬の赤い逆三角形のペイントと八重歯が特徴。 顔の右側には2本の傷がある。 黒歴史 初登場は木の葉崩し編ということになっているが実はその前に登場しているという情報を得たので調査してみると、たしかに第一巻の一話にそれらしき人物が登場している。 分家の者であるため、額には呪印が刻まれていた。 前作「NARUTO」でもトップクラスの活躍を見せた2人の血を引いているというだけあって、サラダのポテンシャルは超一流のものてす。 山中一族に伝わる秘伝忍術「心転身の術」を利用し、敵や動物の精神に入り込んで肉体を操ることができる。

もっと

ボルトの秋道チョウチョウの魅力は?父親・母親や痩せたかわいい姿も紹介

第二部からは下忍。 しかし、その真意は、時に非情な決断を迫られる当主の役目を果たすには彼女の性格が優しすぎる点を案じていたためであり、内心は複雑な感情を抱いていた。 うちは一族の殲滅の首謀者でもあり、一族殺しの汚名を被ってまで計画を実行したイタチの自己犠牲の精神を忍として高く評価していた。 術発動前後の体系変化が著しいことが『 うちはサラダ編』で、 チョウチョウが、チョウジが本当の父ではないかもと 疑う原因になったんですね。 「陽」の九喇嘛を抜かれて瀕死状態になったナルトに、自分の中の「陰」の九喇嘛を入れて蘇生させようとするも黒ゼツの妨害を受け、さらに十尾の人柱力となったマダラの襲来に対して仙術で応戦するも、螺旋丸を弾き返されて左腕までもを失ってしまった。 惜しくも倒すことができず、瀕死の状態に陥るが、現れたナルトによって救われて命を繋ぎ止めた。

もっと

秋道チョウザ

ライドウやゲンマと共に四代目火影・波風ミナトの護衛小隊に所属していた過去を持つ。 第二部のペインの襲来時には口寄せしたカツユを通して負傷者たちの治癒を行うが、ペインの攻撃により里を全壊させられ、寸前に「忍法・創造再生」を使い里の人々を守り抜くも、溜めていたチャクラを全て開放したため力尽きる。 渦潮隠れの里の出身で、特殊な封印術を持ったうずまき一族の血縁者。 自来也の弟子でもある他、「螺旋丸」を開発しており、この術は自来也を介して息子のナルトへと受け継がれた。

もっと

NARUTO

犬塚ツメ(いぬづか ツメ) 声 - キバの母。 日向ヒアシ(ひゅうが ヒアシ) 声 - ヒザシの兄で、ヒナタとハナビの父。

もっと

速報!アニメBORUTO第67話 感想・ネタバレ!【超チョウチョウ蝶モード!!】

人気キャラランキングTop10 第2位 うちはサラダ 第2位のうちはサラダは、サスケとサクラの娘です。 チョウジが書類に目を通す間もTVに釘付けのチョウチョウ。

もっと