床下 点検 口。 床下点検口の場所はどこ?5分で分かる簡単チェック

YPC株式会社/独創的なプラスチック製品の開発と販売

高気密型床下点検口に大型タイプ登場• しかし、点検担当者から「5年点検から床下もしっかり点検します!」と言われたそうです。 専門の業者に点検口を設ける依頼をするときにいくつか気を付けることがありますのでお伝えしていきます。

もっと

フロアーハッチ

しかし、この460角の開口ラインはご覧のとおりなので、 コーナー部分まで含めてすべて手鋸が使え、きれいな四角で床板を切り出すことが出来るので、 既存の床下を再利用することにします。 床の仕上げ材がクッションフロアの場合、点検口の設置にあまり影響はでませんが、フローリングで仕上げられている場合だと新しくフローリングを張らないといけません。 Aさんはしょうがなくその収納を開け、担当者の目の前でごちゃごちゃの荷物を出し、床下を点検してもらったそうです。 そういった場合はどかすか、別のところに点検口を設けなければ床下に入ることができませんのでご注意ください。 シート貼り完成品の蓋にはあらかじめクッションフロアが貼られていますので、現場で蓋を組み立てる必要はありません。

もっと

YPC株式会社/独創的なプラスチック製品の開発と販売

内々で258mmでした。 断熱材内蔵の大型タイプ• カネソウフロアーハッチは、使用場所によってステンレス製、スチール製、アルミニウム製の3種類の本体材質をそろえ、 さらに充填材料も陶磁器質タイル、樹脂タイル、長尺シート、カーペット、フローリングなど各種床材に幅広く対応できるため、美しい納まりで設置することができます。 600角の床下点検口のときは、カット線が根太の真上になったため手鋸が使えず、コーナー部分は鑿を使ったりしたために既存の床板を再利用することが出来ませんでした。 フローリング合わせタイプを組み立てる際、フローリングと底蓋が隙間なく留められている事を確認してください。 施工上の取扱いと注意事項• 床下収納・点検口を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。 また給排水の管や、断熱材なども点検できるのが、床下点検口の特徴です。

もっと

YPC株式会社/独創的なプラスチック製品の開発と販売

バリアフリー対応。

もっと