そ ー なん す。 なんとぉー! (なんとぉー)とは【ピクシブ百科事典】

な、なんだってー!? (ななんだってー)とは【ピクシブ百科事典】

2,625• クーイングから喃語へ [ ]• 179• 684• 216• 6,260• 929• 146• 「む、麦らァ・・・」ポロポロ 「ーーーー!!屁をしーーー!!」! 例:女「ーーーー!!のになれーーーー!!」! シーブック自身も、絶え間ないに晒され、体力・集中力共にもはや限界。 (4枚綴り)• 495• 128• 1,756• その中で特に有名なのが 「キバヤシ断言」の場面である。 などしてくださる()。 「それのせいで使えなくなった人たちがいっぱいいるわけだから、そこの謝罪をバチコンぶっかましてで良かったんじゃないかなって」と持論を展開した。 」ワイ「か、関連項目ァ・・・」ポロポロ• 238• 180• 998• 185• 1 過去ログ 662 4920 5038 4906 4553 2108 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 628 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様. 121• 数々のトンデモを世に放ち、「を装ったギャグ漫画」とまで呼ばれたこの作品は、 マガジン屈指の迷作・怪作としてよく知られている。

もっと

な、なんだってー!? (ななんだってー)とは【ピクシブ百科事典】

476• 最初に「あっあっ」「えっえっ」「あうー」「おぉー」など、を使用するが始まり、その後多音節からなる音(「」など)を発声するようになる。 255• 概要 終盤で、圧倒的な戦闘力を持つ敵から放たれたビームに、被弾した際にはなった。

もっと

EXIT兼近、アンジャ渡部の会見に言及「なんかすげえなげーなというのが一番」

345• 1744• 559• 「あ、あっらァ・・・」ポロポロ 骸がいないとは言ってはいけない ルフィ「ワイー! 「お、おならァ・・・」ポロポロ 「三ーーーー!!のになれーーーー!!」! 生後8か月ころから音がより明瞭になる。 569• このためpixivにおいても表記が一定しておらず、 いくつか表記揺れが存在する。 この項目は、に関連した です。 562• これは掲示板での書き込みの際、 行数を取る大形AAを省略するために開発されたものを流用したものである。 表記 表記については元ネタでも一定しておらず、末尾が「! この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 ルフィ「ワイー!俺達の仲間になれー!!」ワイ「む、麦らァ・・・」ポロポロ 「で、でも、、、なんのもないゾ、、、」 「うるせェ!!!!イこう!!!!!」! 10846• 考古学者」ジワァ ・フンラ「新人ン!!!は好きかぁーーーー?????」 との新しい冒険が始まる!!のはついにへ!! ルフィ「ワイー! 496• では変が作られ、やなどで変が立てられている。

もっと

な、なんだってー!? (ななんだってー)とは【ピクシブ百科事典】

その後、掲示板において誰かのトンデモ発言に対し冗談半分の突っ込みを入れる際、 この様式にならうことが多くなった。

もっと

松山-高知の高速バス「なんごくエクスプレス」|高速バス・路線バス「JR四国バス」公式サイト

この場面に至るまでの戦闘により、は既に、を含めたほぼ全ての武装を失い、機体も右脚を切断され、コクピットのもその殆どが表示が消失するという、大破状態にまで追い込まれていた。

もっと

ぷよぷよとかいう初心者お断りゲー: みじかめっ!なんJ

400• ただし「なんだってー」という形のタームとして有名になったため、丁寧語や伸ばさない形のものはない。 4031• を獲得する前段階で、の使い方や発声される音を学習している。 2196• 」であるものや、 「なんだってー」が「何だってー」であるものや、 場合によっては「なんですってー! 189• 1,418• AAも作成されるなど今ではすっかりおなじみのやり取りとなり、 「な、なんだってー!?」もターム化することになった。 179• 364• そこの謝罪オンリーで良かった」と指摘。

もっと

同級生「久しぶりー」 自分「なんかこいつ怪しいな…」 → 調べた結果…

まあ、要するにであり、取り立ててシーブック特有の台詞と言うわけではないのである。

もっと